お問い合わせ

財務会計の目的と役割

この記事は、会計と聞いたら少し身を引くような初心者向けに一部を固くない言葉に置き換えて書いています。

 

 

会計とは 簡単に言えば

「認識→測定→伝達」です。

 

会社の経済活動を貨幣額等を用いて計数的に測定・集計し、伝達するシステムのことです。

 

 

利害関係者は、取引相手(お客様)や債権者(お金を貸してくれている人)と株主(お金を出資してくれている人)です。

 

財務会計の目的とは

会社の経済活動の成果を表す損益計算書や財政状態(どのようにお金を使っているか)を表す貸借対照表の計算書類を作成し、利害関係者(ステークホルダー)に報告することを目的としています。

財務会計の役割とは

会社が経済活動を行うなかで不自由なく取引するためには、信用が必要となります。

 

そこで、会計情報(計算書類)を提供することによって信用を確保するということです。

 

会計責任

会計とは「認識→測定→報告」という流れで、その責任となれば、分かりやすいと思います。

利害関係者への報告責任や説明責任といったものになります。

 

会社の経済活動の成績を報告しないとすれば、取引相手や債権者や株主は、取引やお金を出したりしてくれません。

そのため、報告する責任があるということにしてくれている。といっても不自然ではないような気がします。

 

利害調整機能の役割

貸借対照表の見方で書いたところで、負債は「返さないといけないお金」で、純資産は「返さなくてもいいお金」といったことを書いていました。

 

その理由として、利害調整機能が当てはまることでスッキリすると思います。

 

債権者と株主の違い

債権者は、会社にお金を貸して、利息と貸した元本を回収することを目的としています。

 

株主は、会社にお金を出資して(払って)、株式の売却や配当金の受取を目的としています。

また、会社の意思決定を行うことができるので債権者よりも優位な立場にあるといえます。

 

f:id:nemo1016o:20180201185317j:image

 

利害調整機能の必要性

株主は、会社の意思決定を行うことができるので、会社の出た利益を全て配当金にする。という意思決定が行われることができ、債権者が一方的に不利な立場になってしまいました。

 

そこで、剰余金の配当を制限する法律を制定され、剰余金の配当限度額を計算するために財務会計が必要とされています。

 

限度額を定めることによって、債権者と株主の利害調整を行われました。

 

 

情報提供機能の役割

投資者の意思決定に有用な情報を提供することです。

投資者とは、現在から未来にかけて会社にお金を貸したり、出資したりする人を対象としています。

 f:id:nemo1016o:20180201185432j:image

また、情報提供機能が正常に働くことになって、株式の売買が行われるようになることで株主の出資額の回収が行われます。

 

まとめ

財務会計は、ただ単に利益の計算などを行っているだけでなく、利害調整機能と情報提供機能という2つの機能で、説明責任を果たしているといえます。