集中できる時間帯と集中できない時間帯

初めに

集中できる時間帯 - 大学生NEMOの雑記ブログ

のリライト記事です。

 

どちらの方が読みやすいかを調べるために書いてみました。

 

何か集中してやりたくてもできなかった。という苦い経験をあなたはありますか?

集中して物事に取り組むことができると非常に短時間で効率よく目的に近づける事になります。

そこで集中できる時間帯を知る必要があります。

 

 

 


1.朝起きて、、、

基本的には、朝起きてすぐに集中して物事はできません。

習慣化されている朝食を取る。や歯磨きをする。などに時間を当てると良いです。

朝起きて30分後に覚醒してきて、集中できるようになります。

朝弱い人は、辛い時間帯ですが、しっかりとした睡眠をしていれば集中できる最初の時間帯になります。


2.お腹が空いてきて、、、

お腹が空いていると集中が切れることが多いですが、お腹がすいてくる2時間ほど前から、集中力がアップします。

 

集中力ピークを飲食量の調整で行うことができるので必要だと思うならやってみると良いかもしれません。


3.日が暮れてきて、、、

暗くなってきたら雰囲気が変わって集中できるという人もいます。
眠たくなる人も居ますし、疲れが溜まってダラダラする人も居ます。
これは、個人差があります。睡眠時間や就寝時間や起床時間によって異なることです。

 

4.日が変わる前の、、、

ラストスパートといいますか、1日の区切りとして上手く集中できることがあります。

 

5.お腹いっぱいになって

ご飯を食べた後は眠たくなります。

 

お腹が膨れているのでお腹がすいてくる時と逆に眠たくなります。

 

安心や満足で気が緩むことが考えられます。

 

 

まとめ

起きてから30分後のフィーバータイムをしっかりと使いこなす。

食事の量を調整することで集中できる時間帯を変えることができる。

お腹いっぱい食べると眠たくなるので集中できなくなる。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村