目的がないのに目標があるという事

こんばんは😃

 

目的と目標の違いや関係性について書きます。

 

目的とは?

成し遂げようとすることがら。

行為の目指すところ。

 

目標とは?

ある事を達成するための目印。

 

 

簡単な図を書くとするなら

 

行動

→→→→→→→→→→→→→→目標→→→→→→→→→→→→→→→→

目的

 

 

目標は、目安であって目的の途中の通過地点みたいなもの。

 

 

行動する為にはこうとも言える

 

目的

→→→→→→→→→→→→→→→目標→→→→→→→→→→→→→→→→→

行動

 

 

行動する為には何らかの目標が必要であり、目的が必要であるという事。

 

そもそも目的が大きすぎて曖昧になる。

 

生きる為に必要な事

 

と言えばそこまでだが本当にそれが自分に必要かどうか説明しろ。と言われても説明できないので目的がはっきりしていない。

 

それでも行動する為には何らかの目標がある方が効率が良い。

 

なので目標はしっかりしたものを持つようにしている。

 

描くのは1ヶ月後の自分と、近いものが良いと思う。

 

余りに長いとダレてしまうから。

 

目標が近くにあるということは、自分を振り返る機会が1年に何度もあるということでそれはそれで良いことかもしれない。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村