大学の決め方を振り返る。後悔なんてない

こんばんは。ネモです。

 

今更ですが、大学生の私がどうやって大学を決めたか簡単に説明してみます。

 

重要なことですが自分の通う大学です。

 

自分で決めました

 

当たり前ですよね。自分で決めますよね。

 

 

でも、親にも教師にも

「〜〜〜〜くらい行けるでしょ」

みたいな事言われますよね。

 

完璧無視しました!

 

何故なら

自分が借金して通う学校だから

です。

 

決め方ですが、オープンキャンパスに行って直感です。

 

制度などを調べてここなら行っても後悔しない。

 

ところをオープンキャンパスに行きました。

 

オープンキャンパスで見るところは、

 

案内してくれる人。

図書館の綺麗さ。

 

くらいですかね。

 

あとは、パンフレットをみます。

 

学校の事なんて大体パンフレットに載ってます。

 

制度の事は、ちゃんと調べましょう。

 

選択肢が増えたり減ったりします。

 

やりたい事がまだ分からない。でも別に良いんです。

 

大学入る前は特にやりたい事なんて無かったですが

 

今は、やりたい事をする為にブログ書いたり、Twitter使ったり、継続の習慣をつけたりしています。

 

自分で決めないで後悔するのか

自分で決めて後悔するのか

 

自分にとってどっちが良いかを考えました。

 

私は、自分で決めて後悔する方がマシです。

 

やりきれない思いするよりも、やりきったほうがいいです。

 

自分で決めないと量産型のロボットと何も変わりません。